スポーツベット

ブックメーカー 違法 弁護士

ブックメーカーは日本だと違法ならないのかについては、
弁護士の意見などを見ると違法にならないがグレーゾーンであることは事実です。

賭博罪については刑法で決まっていて、
刑法では賭博をしたものは50万円以下の罰金または科料に処するが、
一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。
となってます。

賭博罪は、犯罪の性質上必ず複数の人間の関わる必要的共犯とされていて、
胴元と参加者という向かいあう関係者たちが共犯となることから対向犯とされてます。

しかし、胴元は海外で合法なので処罰できず、
対向犯の一方である胴元を処罰できないのに
もう一方の参加者だけ処罰できるかという問題があります。

各オペレーターは運営国が定める厳しい基準をクリアして
政府からギャンブルサイトの運営のライセンスを受けてから、
合法的に運営してます。

それについて日本が文句などを言うことは出来ず、
オペレーターの中には巨大リーグのスポンサーや
各国で上場してたりと世界のスポーツ振興に貢献している企業が多いです。
 

ブックメーカー 投資 違法

ブックメーカー投資を行う場合、
気になるのが違法になるかですが、18歳以上なら
誰でも日本から海外へは利用出来て、
法律でも違法だと明確には決まってません。

日本では賭博罪は違法ですがそれにブックメーカーは当てはまりません。
海外にありしかも合法の上で行っているためまず処罰自体が難しいのです。

日本の賭博罪は、胴元と一緒でないと処罰が難しく、
胴元は合法なので処罰できないのに参加者だけ逮捕されることは
まずないと言えます。

実際に、プレイしていて日本人が逮捕されたことはなく、
自宅で一人でパソコンからインターネットで
個人的に参加するなら処罰される心配はないと言えます。

ただ、海外で運営しているオペレーターのサイトでも、
日本国内の公共の場所へプレイヤーを集めて、
手数料などを徴収している場合は違法になる可能性が高いです。

風紀を乱す恐れがあるときは参加者も逮捕されますが、
個人で海外のサイトに参加するときは違法リスクは低いです。
 

ブックメーカー 野球 違法

日本だと競馬などの公営ギャンブル以外は認められてないので、
当然ですが野球賭博も厳しく取り締まられます。

しかし、ブックメーカーはギャンブルでも逮捕者はいません。

これはオペレーターが、例えばイギリスを主に政府がライセンスを発行する合法的なもので、
日本だと違法賭博が成立するには賭博を提供している胴元と
賭ける側双方が国内で違法賭博を行っている場合適用されます。

海外で正式な認可を受けて営業している業者を処罰することは出来ません。

野球賭博だと国内で違法で行うことが殆どで、
胴元にに暴力団関係が関わっていることもしられてます。

警察が取り締まりに力を入れるのも、
暴力団への資金に繋がることを抑えるためです。

様々な人気スポーツへ賭けることが可能で、
日本のプロ野球もシーズン・プレイオフ・日本シリーズまで対象です。

ブックメーカーには上場している大企業も多く、
信頼できるところは厳しい審査をクリアしたライセンスも取得してます。
 


スポーツベット
観戦者しょうじ
 
ご挨拶

オグリキャップ世代の競馬好き。
サッカーは代表戦を見る程度でしたが、ブックメーカーでベットすることを覚えてからはCL中心に欧州も見るようになりました。


世界的イベントを楽しむならスポーツベッティングのウィリアムヒル!
© 2021 ブックメーカー rss