スポーツベット

ブックメーカー 税金 ばれない

ブックメーカーで利益を得た場合、税金を支払う必要があります。

これは他のギャンブルでも同じで
年間で50万円以上の利益が出ると必ず税金の申告義務があります。

現金で受け取るパチンコなどと違い、
オンラインでの入金や出金になるので税務署も把握しやすく、
ばれないなんてことはありません。

サラリーマンだと全て会社が確定申告も行うのであまり意識しませんが、
本当は一人ひとりが自分で収入を計算し確定申告をしないといけません。

海外が運営元なので、
日本円にしないで海外の口座へ入れたままなら
税務署も把握は難しいかもしれませんが、
それだと利益が出てもお金が使えないので意味がなくなります。

税務署は、脱税をしていてもすぐには行動をしないで
ある程度金額が大きくなってきたら急に訪ねてきたりします。

すると多額の追徴金を取られるだけでなく、
一度でも問題があればその先の監視も厳しくなります。
 

ブックメーカー 税金 計算

では、その税金計算方法はどうなっているでしょうか。

勝利金にかかる税金として、
一時所得または雑所得となって確定申告が必要です。

一時所得だと最高50万円の特別控除があり
年間利益の50万円を超える部分だけ税金がかかります。

計算方法は

(利益ー必要経費)ー特別控除=一時所得額課税所得=一時所得×1/2

で算出します。

課税所得に対して所定の税率を乗じたものが所得税額で、
所得税率は年収で変わります。


雑所得は本業ぐらい稼いでる人や、
ブックメーカー投資として稼いでいる人です。

継続的な小規模な副収入や仮想通貨の利益など
分離できない所得をまとめて雑所得と言います。

雑所得だと必要経費の幅が広く、
オンラインで行なっているものなので、
パソコンの費用・モニター費・通信費など投資にかかる費用は経費となります。

雑所得の計算方法は単純で収入金額から必要経費を差し引いた金額ですが、
必要経費も認められるかは稼いだ金額・継続状況で違うため
税理士とよく相談してから決めた方がいいです。
 

ブックメーカー 税金対策

また、継続して利益を上げているときや、
事業として行っている場合だと税金対策として、
いろいろな経費を計上することも出来ます。

パソコン・スマホ・タブレットなどの器具を揃えるときの購入費は
経費に出来ますし、通信費などネットにかかる費用もあわせて計上できます。

個人事業主と同じように家賃・光熱費も経費の一部として計上可能で、
全額ではないですが部屋の占有面積部分なら経費となります。

事業で事業所を借りているときは事務所・オフィスの家賃や光熱費も経費です。

また、意外なのが実際に観戦しながら賭けた試合でも
経費として計上出来ることもあり、
ただ、これはどこまでが経費として認められるかは判断が難しいので
税理士へ相談したほうがいいです。

経費計上が出来るのは主にハイローラーやプロギャンブラーで活躍している人です。

雑所得となった場合は、20万円以上の利益がでたときは確定申告が必要です。

年間の経費などを記録するのは面倒ですが、
それぞれの事業者で取引履歴も残っているので、
税金を計算するために必要な数字も、簡単に把握出来ます。


Bettilt

スポーツベット
観戦者しょうじ
 
ご挨拶

オグリキャップ世代の競馬好き。
サッカーは代表戦を見る程度でしたが、ブックメーカーでベットすることを覚えてからはCL中心に欧州も見るようになりました。


世界的イベントを楽しむならスポーツベッティングのウィリアムヒル!
© 2021 ブックメーカー rss